桜尾ジン2019,ハマゴウ再び

 広島県産のオリジナル・ジン、「桜尾-sakurao-」は もうご存知のかたも多いとおもいます。

 国産ジンのなかでも味わい深く、香り高く、刺激的で、それでいて優しいので、カクテルにも調和しやすいですし、広島を紹介するアイコンとしての意味でも バーボンスクエアでも使っています。

 ラインナップも数種類あって、ボトルごとにカラーリングが違い分かりやすく、味の違いもはっきりしているので売れているのでしょう。

 スタンダードの黒(緑)と リミテッドのピンク 、と もうひとつ ハマゴウ という2018年に試験的に?限定販売された青いボトルのジンがありました。

 こちらはジン独特のジュニパーの香りとはまた違った風味のスパイシーさがプラスされたスッキリとした後味が、オンザロックに最適です。ライムをかるく絞ってジン・ライムにしてもいいですね。他にはマティーニにしてお出しすることが多いです。

 

 

今月に2019年モデル?のハマゴウが出たので早速味見しました。

 比べると、結構はっきり味を変えてきたなとおもいました。今年のほうがよりしっかりしていて、単体で味わえる要素が増えているようにおもいます。桜尾ジン・リミテッドに入っているようなエッセンスを感じました。リミテッドと同じようにソーダやトニック、トゥワイスアップや水割りなんかも面白いでしょうね。

 ただ今年のものはマティーニには味が重くてちょっと向いてないかもしれません。2018モデルがあと数本残っていますので、試してみたいかたはバーボンスクエアまでぜひどうぞ:)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。