ジャックダニエル・レッドドッグサルーン

ジャックダニエルの新商品、レッドドッグサルーンの紹介です。

ジャックが造ったサロン

ジャックダニエルが1892年にオープンしたレッドドッグサルーンの125周年を記念してリリースされた限定品です。

唯一無二のアメリカンウイスキー・ジャックダニエルズを創ったジャックダニエルは、自身のウイスキーを売るために Red Dog Saloon というサロンをオープンし、その生誕125周年を記念して発売されたボトルです。

テネシー州リンチバーグの広場にあったその店は今はなく、「そこには伝説の記憶だけがいまも残っている」と公式ウェブサイトにあります。

インスタグラムでは Red Dog Saloon と検索するとBBQやドカ盛りのハンバーガーのカラフルな写真がズラリと画面を埋め尽くします。それが縁のあるものかどうかは定かではありませんが(たぶん無関係だとおもいます)、同名のお店は健在で いまも盛況のようです。

 

ジャックが作ったサロンはほかにWhite Rabbit Saloon というのもあるようで、ここでは音楽を通して仲間をつくれるような場所だったようです。

こちらも Jack Daniel’s White Rabbit Saloon としてボトルがリリースされています。

 

Jack Daniel’s Red Dog Saloon

ジャックダニエルズ・レッドドッグサルーン

86 proof ,43度

香り自体は穏やかで、ほのかに甘い焼きりんごのような香り

味わいも甘く、いつものジャックダニエルを少しマイルドにした感じ

舌の上で多少ピリピリとする熟成感と、若いウイスキーにみられる溶剤香もあり、どちらも一般的なアメリカンウイスキーにみられる傾向アリ。

余韻は短い。値段設定からみても妥当な内容の原酒構成なのかな。

ロックで飲むと飲みごたえが増して二重丸◎

いつものジャックとそう劇的な変化はありませんが、全体的によりマイルドに仕上げているのかなとおもいました。

ハイボールにしても甘みが活きて美味しく仕上げられると思います。

 

普通に「Bourbon」や「Whiskey」で”インスタサーフィン”をしていると、最近このボトルを上げている人が多く なんだろうなと思っていたところ、手に入るチャンスがあったので取り寄せてみました。

常備するかどうかはわかりませんので、気になる方は今のうちに試してみては?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。